頭痛・偏頭痛 (反応点治療研究会症例集)

ズキンズキン・ジンジン、吐き気や動悸を伴う頭痛、また目の奥の痛み、後頭部の痛み: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頭痛をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長年の慢性頭痛が改善

40代 男性

初回
肩こりは30年前からあり、頭痛も一年の3分の1位はあるので、慢性的な痛みについては半ばあきらめていた様子。頭痛は、こめかみがズキズキと痛み、後頭部から全体にかけては重く感じられている。今回は、特に肩から首にかけて寝違えたようで痛みを訴え来院。花粉症や副鼻腔炎の罹患歴もあるため、鼻の反応点も欠かさず治療を続けることにした。

3回目
最近発症した首の痛みは、すぐに改善した。慢性的な頭痛も、強い痛みは感じなくなったが、重い感じはずっと感じている様子。しかし、全体的に身体が軽くなっていくのを感じており、週1回の治療を継続。

10回目
毎週、肩こりや腰痛、痛みやつらさの場所は変わるものの、全体的に和らいでいる。頭痛のことをあまり言わなくなった。

20回目
たまに頭が重い感じはあるらしいが、我慢できないような痛みはなく、日常生活も仕事も精力的にこなしている。頭痛の頻度も、一週間に一度あるかないかという程度に治まっている。引き続き体調管理のため、治療を続けている。

治療のポイントと反応点の状況
痛みやコリを感じている頭、首、肩、腰の筋肉を中心に治療。また、その根本原因として考えられる、鼻、喉、腹部の内臓反応点の治療を含む、全身治療を毎週行なった。

治療の経過と感じたこと(感想)
頭痛、肩こりといったつらさを考えると、神経活動で影響を及ぼすと考えられる顔面部、喉の反応点の治療は欠かせなかった。特に慢性鼻炎や、副鼻腔炎の罹患歴があることから、鼻の悪さは顕著であった。症状の出ている頭、首、肩といった筋肉の緊張緩和だけではなく、その原因と考えられる内臓、器官の反応点にアプローチしたことが、しつこい慢性頭痛にも功を奏したと考えられる。

反応点治療研究会
芦屋市 SORA鍼灸院 森川真二


| SORA鍼灸院 森川真二 | 12:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT