頭痛・偏頭痛 (反応点治療研究会症例集)

ズキンズキン・ジンジン、吐き気や動悸を伴う頭痛、また目の奥の痛み、後頭部の痛み: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頭痛をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひどい頭痛と肩こり

症例40代 女性 

初回 
頭痛が出ると後頭部がつらく眠りにくくなる。肩こりもひどく気分が悪くなる事もある。咽喉、耳、鼻、肝臓、生殖器等反応点を確認。また頚部、頭部の反応点を細かく確認して治療した。自覚症状は少し改善した様子。

2回目
今回の治療後痛みはかなり軽くなったようだ。後頭部のつっぱりが、かなり強かったが改善が見られた。肩こりも軽減している様子だ。

4回目
前回の治療後からよく眠れるようになったとのことだった。今回の治療後、後頭部の痛みはほぼ消失した。

5回目以降
違和感が出ることもまだあるので治療は継続している。

治療のポイントと反応点の状況
咽喉、首や肩の筋肉の反応点が頭痛、肩こりのポイントである。その他肝臓、生殖器系の反応点も治療した。

治療の経過と感じたこと
後頭部は僧帽筋等の筋肉の緊張の影響が及ぶ。つまりひどい肩こりは後頭部の筋肉や皮膚のつっぱりを起こす。そのため、後頭部の痛みには頚肩部の筋肉をきちんとケアする必要がある。そしてその頚部の筋緊張を改善するためには、咽喉のコンディションづくりが重要であることを再確認した。


反応点治療研究会

三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹


| 岸本鍼灸治療院 岸本直樹 | 19:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT