頭痛・偏頭痛 (反応点治療研究会症例集)

ズキンズキン・ジンジン、吐き気や動悸を伴う頭痛、また目の奥の痛み、後頭部の痛み: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頭痛をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜中2時間おきに起こる激しい頭痛 

症 例:40代男性
 
初診 
7年前から、右目奥から右側頭部にかけて激しい頭痛に悩む。最近は夜中2、3時間おきに目が覚め、鎮痛剤などを服用している。脳外科や眼科などでの検査では原因が特定されていない、また薬を飲み続けることに不安を抱き、知人に紹介されてされ来院した。治療時に無意識に歯を食いしばる癖が見られた。咬筋,耳、咽、目、鼻など顔面部には強い反応が見られ、反応点治療による全身ケアを実施した。また、自宅でのセルフケアを指導し週に2回の来院を促した。

2回目
夜中に起こる頭痛が軽減したようだ。夜中に目が覚めてすぐさまセルフケアを行うと10分程で治まるようになったと安心されたようだ。顔面部の反応点に大きな変化は見られない。

4回目
寝付きもよく痛みで目が覚めることも無くなった。前回の治療から頭痛も治まり鍼治療の効果を感じているようだ。しかし、痛みに対する不安から薬を一日数回服用している。

現在
初診から一カ月が経過した。激しい頭痛も夜中に目が覚めることも無くなった。外出時には不安があるため薬は服用するが、その頻度は激減したようだ。自宅でのセルフケアは徹底して行っているようだ。顔面部の反応点は軽度の刺激で回復するようになっており、疾病の回復がうかがえた。

治療ポイントと反応点の変化
耳、咽、咬筋、側頭筋、目、鼻、肝臓、胃の反応点。咬筋の反応点は顕著に現れていた。

考察
原因不明と言われる頭痛で悩む患者は多いが、本当にそうなのかと考えさせられる症例であった。口腔、咽など慢性炎症、歯を食いしばる癖が筋緊張を促して、頭痛に発展したと考えられる。筋緊張の解消と顔面部器官の反応点の治療を行った。反応点の回復が進むに連れ頭痛が解消されたことから、治療の妥当性がうかがえる。初診時の問診で頭痛に対する恐怖と不安感を強く感じたが、治療の進展に伴って安定した。痛みの恐怖から逃れる方法を見つけた人の安堵感なのだろうか。

反応点治療研究会 大阪市
こころ はり灸治療院 中間善也

| こころはり灸治療院 中間善也 | 09:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT