頭痛・偏頭痛 (反応点治療研究会症例集)

ズキンズキン・ジンジン、吐き気や動悸を伴う頭痛、また目の奥の痛み、後頭部の痛み: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頭痛をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【頭痛】

 痛いところがはっきりしている頭痛を偏頭痛と言うように、痛みの所在が明確な頭痛は危険性が低いのです。三叉神経からの痛み情報は頭部の筋肉を引きつらせます。そして筋肉が血管を圧迫するとズキン、ズキンと周期的な痛みとなります。
頭の中心部が痛いように感じることもあります。しかし脳の中は痛みを生じない構造をしていますから、脳の病気とは言えません。
 反応点治療研究会では、耳鼻咽喉科領域の粘膜に着目します。粘膜自体が痛みを感じなくとも、反射性に筋緊張を促すからです。

| アナウンス | 20:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |