頭痛・偏頭痛 (反応点治療研究会症例集)

ズキンズキン・ジンジン、吐き気や動悸を伴う頭痛、また目の奥の痛み、後頭部の痛み: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が頭痛をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頭痛、どこへ治療に行けばいいかわからない。

症例20代、女性

初回
仕事はSE。休みも少なく一日中パソコンに向かっている。首から後頭部にコリ・痛みがある。ここ数日は、きつい帽子をかぶったように頭全体が締め付けられている。首のコリならマッサージに行っていたらしいが、頭を揉むことができないだろうし、どこで治療してもらえばいいのか途方にくれ悩んだ末、来院された。

2回目
1度目の治療後、こりや痛みは大幅に改善した。今回は確認の為に来院していただいた。また頭痛がひどくなることが不安だったようだが、一週間元気に過ごせたと喜んでおられた。首・肩・のどに加え、眼周辺の反応を入念に刺激して治療を終了した。

治療のポイントと反応点の状況、
首、後頭部の筋肉と、眼周辺を重点的に治療した

治療の経過と感じたこと(感想)
彼女を悩ます頭痛は首や後頭部の筋緊張により引き起こされていると考えられる。また目周辺の反応に重点を置いたのは、前頭部の筋肉の緊張も見られたからである。前頭部の緊張が頭部全体の緊張を増加させる原因となったと思われる。
激しい痛みを伴う頭痛の場合、脳疾患を心配する方が多いようだ。治療家としてもこの判断が問われる。しかし、今回の症例のような筋緊張性頭痛である場合も多い。

反応点治療研究会
松戸市 とさかはり灸院  佐藤真之輔
スポンサーサイト

| とさかはり灸院  佐藤真之輔 | 11:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |